私はお金の勉強をしたいと思った時に読んだのがこの本でした。

以前からタイトルに興味があったので、さっそくこの本を読んでみました。



非常にわかりやすくお金のことについて書かれていました。

特に金持ち父さんと貧乏父さんの生き方が比較して書いてあったので、それがもっとも分かりやすかったと思います。



この本に書かれているように学生時代は、学校でお金のことを学ぶことはありません。

私も学生時代、学校でお金のことについて学んだ記憶はありません。



私が学生時代は受験戦争真っただ中で、良い学校に行けば、良い就職ができて、経済的に豊かな生活が送れると言われていましたし、私もそうだと思っていました。



実際に一昔前までは、日本は終身雇用制と年功序列で、良い企業に入れば一生安泰のような風潮だったと思います。

しかし、それもバブル崩壊やリーマンショックなどがあり、非正規雇用で働く人が多くなってしまいました。



このような世の中になるとは想像していませんでしたが、やはり学歴があっても、それが必ずお金持ちになることとは違うのだということを学びました。



この本にも書かれていましたが、やはり子供のうちから学校でお金の勉強をしたほうが良いと思いました。

学校でお金の勉強をしなくても、親が子供に教えれば別ですが、それも少ないように思います。



私が子供の頃は学校の成績が良ければ幸せになって、お金持ちになれるというような考えが先行していました。

そのため、私もずっとそうだと思っていました。



ですが、実際に自分が社会人になっていろいろな人を見ていくと、必ずしも勉強ができて優秀な人がお金持ちだとは限らないことが分かりました。

逆にそれほど頭は良くなくてもお金持ちの人がいることも知りました。



そのため、やはり勉強ができることとお金持ちになれることはイコールではなく、お金持ちになるためにはお金の勉強をすることが大切だと実感しています。



この本では具体的にお金持ちになれる方法が書かれていたので、私も実際にそれをやってみることにしました。

それを実践していったことで、今まで漠然と感じていたお金の不安というものが少なくなっていったように思います。



また、お金が足りなくなった時に、今までどうすれば良いか分かりませんでした。

お金を得るためには仕事をして収入を増やすしかないと思っていたのですが、それ以外の方法があることを知りました。



世の中には不労所得だけで収入を得て、それで何不自由なく生活している人たちがいます。

それは思考や行動の違いからくるのだということも学ぶことができました。

私はお金との付き合い方を学ぶことができ、本当に為になった本だと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です