お金のことは大切だけど、よく理解していないので詳しい内容を知りたいと考えている場合、この「池上彰のお金の学校(朝日新書)」は最適です。今、日本経済は長期停滞に苦しんでいますし、東日本大震災後の日本は数多くの自然災害に見舞われ、その被災地復興支援は膨大な資金が必要になります。その資金をどのように調達するか、借金(国債発行)でまかなうのかなど、日本は増税によってカバーすることを選んだなど、具体的な日本経済の仕組みについて分かりやすく説明されています。

銀行の仕組み・投資・保険・税金など様々な分野においてお金がどのような流れになっているか、そして難しい分野においても分かりやすい内容になっているので、とても把握しやすくなっています。この「池上彰のお金の学校」を読むことで頭の中がスッキリすることができます。お金の歴史について、まず「お金とは何か?」から説明があり、日本銀行の役割・国債の量が紙幣の量を決める・銀行はどのようにして儲けているのかなど、リーマンショックから読み解く金利の動きなども分かりますし、初心者でも「池上彰のお金の学校」を読むことで、スムーズに理解することができる内容になっています。また、お金を貯金することはとても身近なことですが、銀行との付き合いなどもアドバイスがあります。メンインバンクを作り、信頼度を育てていくことは大切ですし、最近は手数料をカットすることも重要になるため、ネットバンクの紹介なども記載されています。

投資として株価・債権・投資信託・FX・金投資・ETF・先物取引など、保険は生命保険・損害保険・年金、税金は所得税・消費税など様々な日常生活に関係するお金のことを具体的に説明しています。NHK受信料は受益者負担など、かなり細かい部分も説明があるので、色々と分かりやすくなっているので理解しやすいです。身近なお金として給料やボーナスなど、インフレ・デフレの給料への影響など、そしてギャンブルの経済学として、宝くじや競馬・ギャンブルの経済効果など、様々な観点からお金と経済について記載があり、かなり色々なことが分かるのでお金に関することがじっくりわかるようになります。この「池上彰のお金の学校」を読むことで、お金のことがよく理解することができるので、お金に関しての知識が増えることは確かです。じっくり読んでみる価値があるお金の本と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です